読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この道ってどこまでいくの?

毎日かけば願いがかなうという・・・ガンダーラガンダーラ♪

ハムスターが脱出した話をかくのを忘れた (長文

こんにちは。またアクセスが減りました。でも100って絶対おかしい。

もとにもどったけど。

昨日のやっつけのかいたのはびっくりのつまらなさで驚きました。もともと面白いことはかかないけど・・・

さて、今日は朝から高校の役員会にいってまいりました。そこでおひるにOB会の人がおでんをつくってくれて食べたりとたのしそうなことはあったんですが、そこでハイヨ携帯とりだしてーって勇気がない私なのでした。

基本、写真とかとるのめんどくさーです。うさぎの写真とるくらいかな。そこは盛り上がりますが。

さてさて、役員会はいつもたのしい感じなのですが、どうも私の発言がスルーされているような・・・という予感が確信に変わりました。

別にするーいいんですけど、どういうポジションでしゃべったらいいのか、もう10カ月たつのですが、わからなゃい・・・

気にしすぎなのかなあ・・・

私に視線が集中するっていうのもこわいし、人気者になりたいわけではないのですけどね。本当自分はどうしたいのかちょっとわからない。

適当に発言したことばがさりげに失言に、って感じかな・・・

なるべく集団の中では発言しないのが無難っすかーね。くわばらくわばら。

いろいろな集団の中で自分の居場所みたいなことがあるから、なんとかやっていけるのかもしれないでーす。

ちょっと思い返してみます。

幼稚園時代・・・よくないていたらしい。早生まれだから頭がまわらない悲劇

小学校・・・早生まれ地獄はまだまだ続くよ。まわりの環境も最悪だったような。そしてうちの両親自体がかまわない人だったのでオミソ人生。同級生にばかにされていたタイプ。よいとまけの歌じゃないけど、きたないこどもでした。

中学校・・・いじめじゃないけど、いじめだったんではないのかと思うことが多々あったような・・・クラス会議で私のことが議題になったような・・・

高校生・・根性が悪い人たちがまわりにいなくなったので、結構たのしかったかな。しかし、性格はひねくれて、アングラなものにかぶれてしまった。

 

中2病に突入

短大・・・大学をぜんぶ落ちて、地元の短大。ここでクラスの自己紹介で
「この学校にはいる気はありませんでした」的なことをいって大ひんしゅくだったらしい。
←記憶にはまったくない。高校からの中2病がまだ続いていたようだった。

就職・・・某幼稚園に就職するが、内定したところは途中から私がいかなくなり、しんろしどうの先生
に激怒される。が、またごっそりやめてしまった幼稚園から大量採用があり、すべりこむ。
が、一年後、いらない先生となって他の幼稚園に島流しとなる。幼稚園でもオミソ的な存在に。

結婚・・・旦那が転職するタイミングで結婚。

ここまでで、人との付き合いというのは、自分の好きな人とつるんでいるだけでよかった。

また人間関係でつらい気持ちになるとは思っていなかった。

子ども赤ちゃん時代・・・赤ちゃんサークルにはいったり、いろいろ頑張っていたような。
子どもが歩いただ、あるかないだとかいろいろ競争みたいのがあってうんざりだった。
気の合わない人にもいっぱい会った。結構つらかったかもの時代。
しかしこのころインターネットが普及しだしてネットの知り合いがほちぼちできた。
人間関係の逃げ場所ができてよかった。

子ども幼稚園時代・・・ここ結構最悪の時代
幼稚園に二年保育でいれたら、アウェイだったらしく、いるのにいないという
態度をよくされた。今思えばあれはなんだったのか。
そういう状態なのに、一生懸命コミニケーションをとろうとしていた私よかわいそうに・・・

しかし、いるのにいないようにふるまわれるなんて、最近やられたことないな。

子ども小学生時代・・・幼稚園の呪縛がなんとなく残ってはいたが、根性の悪いゃっが
いなくなった。しかし、いかにもバカにした態度の人間は多々いた。
なんだろう、値踏みするっていうのはなんなんだ?

子ども中学時代・・・仲良しが結構いたので、不満はとくになかった。小学校の延長のような
中学だったからだろうか。
ここでも話してもまったく人の話をきいていない対応をよくされる。
私が悪いのか。

たしかに魅力的な人間ではないが、あからさまにそういう態度ってどうなの?


子ども高校時代
ふつうは高校で役員はやらないので、ここで保護者の交流っつーのは普通の人はないと
思うんだけど・・・でも幼稚園時代のことを考えたら、天国だけどね。
みなさんとてもなかよしだし、瞬間楽しいときはあるが・・・

まあ、あんまり深く考えて、感じてはいけないのね!!

 

 

なんか

 

なんか、かいていて悲しくなってきちゃった!!


さて、題名のハムスター脱出話だが、おとといキンクマがいなくなった。
私が締め忘れただけなんだけど、夜中の1時で、これから探すのかよと絶望的な
きもちに。→でも探さないと・・・寝れないよ。

結局感覚を研ぎ澄まし、小さな音をたよりにみつけましたよキンクマ。
冷蔵庫の下でまんまるになってほっぺ膨らませていました。
こういうのも写真とかとれたらいいんだけど、もうそんな余裕はない。
ただ、捕まえることだけに神経を集中して、つかんだ。
キギーーーと声を上げていたが、そのさまが本当にかわいらしく、
「ああ、逃がしてよかった」と思うくらいかわいかった・・・いやマジで。
でももう脱出させないけど!!!!