読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この道ってどこまでいくの?

毎日かけば願いがかなうという・・・ガンダーラガンダーラ♪

孤独死の父→うわーやな感じの言葉ー

おとうさん できごと

こんばんは。

父が亡くなって三日目となりました。みつけたのが二日目だったので、まだたいして時間がたっていないけど、なんだかなー、すごく時間がたった気がするの。

 

さて、父が亡くなったことで、言葉で「父が亡くなりました」とか「おとうさん死んじゃった」とかかいたりいったりしているのですが、そこで

「自分を責めないでね」的なフレーズをなんだかいわれます。

あれ・・・あれ、私ってなんかかわいそうなの?そして父は孤独死でかわいそうなのか?

と気づいたのです。

私は最短で父を見つけた、ぐっじょぶ私。と思ったんですけど、世間ではそうではないんですよね。ひとりぼっちで死んでいった父。娘はなんで一緒に住むとか、そういうのできないの?といわれてもしょがないのかもしれないですね。

 

えーっ?

私は父のことを介護とかほとんどしていないけど、だからほめられたもんじゃないんですが、父に「お父さんになんかあったらすぐいくから」と伝えてた。

父はあーそーって感じだったけどいまたぶん「あーきてくれてありがとね」っていわれるんじゃないかなーと勝手におもってまーす。

でも孤独死のジャンルなんだよね・・・父。

もょっと早くいけたら。死に目に会えたら。いろいろ考えますけど、またこれがベストだったと思うしかない。

 

ちなみに、おうちで死んでると警察の人がきて尋問されます。

 尋問しつつ、どっかに刑事さんがいっちゃうと非常ううに暇だった。

 

まあ、私だけかもしれませんが、こういうとき暇なんだなーと思いました。


だから、親がなくなった人にメール遠慮するけど、してもいいんじゃないかなと
私は思います。

でも私だけかもしれないけど。


メールとする気分になれないよね・・・

 

つーか、なんか私はいままでストレスのかかる状況にくると、逃避をしないと
耐えられないので、なにかほかのことに熱中してきを紛らわすタイプのようです。
病気のとき、診察室のとき、点滴のとき、すべてが逃避で漫画を読んでいました。
だから漫画を読むといろいろ思い出すな・・・

 

 

今回は漫画じゃなく、ラインを送りまくっていましたが。
なくなったことを伝えた友達に

「たのむからきを使わないでラインとかおくってほしい。それもくだらないことでいいので頼む」

 

といったら本当にくだらないやりとりがいっぱいきて、私の気持ちはまぎれたのでした。
友達ってありがたいですね。
今回、ありがたみが本当にわかりました。